>

最も大きなメリットを知ろう

申し込むタイミングを調べよう

起業しようと考えている人は、資金集めが重要です。
資金を揃えていないと、起業が失敗して損失が大きくなります。
銀行や国に相談する前に、補助金を申請できないか調べてください。
会社を始めようと思っている人向けに、補助金の制度があります。
銀行や国からお金を借りた時とは異なり、もらえるお金なので返済しなくても大丈夫です。

新制できる期間が限られているので、常にチェックしてください。
また申し込んだ人数が多いと、抽選になる可能性もあります。
早い者勝ちではありませんが、あまりにも人数が多かった時は早めに募集を締め切られることがあります。
まだ期間内だからと油断しないで、補助金をもらいたいと思ったら申し込める期間を早く調べましょう。

補助金の上限はいくらなのか

補助金があれば、金融機関からお金を借りなくても良いと思っている人が見られます。
しかし好きな金額をもらえるわけではないことを理解してください。
補助金の上限は、200万円と決まっています。
それ以上はもらえませんし、もちろん自分がもっと少ない金額で十分だと思った場合は指定できます。
200万円以下なら、好きな金額を設定できる決まりになっています。

もし補助金だけで資金調達を済ませることができなかったら、やっぱり銀行などから融資してもらわないといけません。
しかし補助金があるので、融資を受ける金額は少なくても大丈夫だと思います。
少ない金額だったら審査を通過しやすいので、これから経営を進めるのに必要なお金を用意できるはずです。


この記事をシェアする